ご予約・お問合せ宿泊プラン

周辺観光

中尊寺

中尊寺は、嘉祥3年(850)、比叡山延暦寺の高僧慈覚大師円仁によって開かれました。国宝の金色堂は、七宝珠玉が贅沢に使われています。また須弥壇の中には、初代清衡、二代基衡、三代秀衡のご遺体と四代泰衡の首級が納められています。

毛越寺

中尊寺と同じく、嘉祥3年(850)慈覚大師円仁によって開山されたと伝えられています。当時は、堂や塔が40、僧坊が500以上を数え、「吾朝無双(我が国に並ぶものがない)」といわれるほどの規模と華麗さであったといわれています。

金鶏山

金鶏山は、比高差60mほどの円錐形の山。平泉を訪れた松尾芭蕉も、「金鶏山のみ形を残す」と感想を残しています。頂上からは平泉を見渡せ、経塚には、「平泉を守るため黄金の鶏を埋めた」「北上川まで人夫を並べ、一晩で築いた山」などの伝説が残っています。

観自在王院跡

二代基衡公の妻が建立したと伝えられる寺院跡で、池の北岸に大阿弥陀堂と小阿弥陀堂が設けられていたことから、極楽浄土を表現した庭園と考えられています。ほぼ完全に残っている浄土庭園の遺構で、世界文化遺産に認定されています。

平泉文化遺産センター

奥州藤原氏の歴史を代表する平泉の歴史や文化を紹介している、歴史と文化のミュージアム施設です。発掘調査で出土した、重要な考古資料を多数展示しています。

ページの先頭へ戻る▲